連絡
+7 (495) 957-07-27
トレチャコフ美術館はロシアで国際文化へのユニックな貢献を反映する国民美術の主な博物館であり、それは愛想好い博物館で、豊富なコレクションと展示されているアイデアの多様性で有名である。

トレチャコフ美術館の基本的な三つの目的は以下のようである:

  • ロシアの美術, の研究、保存、紹介、推進の事である

  • ロシアの文化的アイデンティティを形成され、社会の注目を美術全体として、また美術館のコレクションそのものはどんな役割をはたしているかに集まる。ペ.エム.トレチャコフの事を続き、国民に文化遺産を紹介する事である。

  • ロシアの傑作と世界の美術を広くアクセスさせて人々の生活をよりよく致します。


創立の歴史:

将来、美術館の創立者になったパウェルミハイロウィチトレチャコフは1832年にうまれました。1856年はトレチャコフ美術館の創立年として一般てきに認められています。

1892年8月31日、パウェルミハイロウィチモスクワ市会に自分のコレクション、また弟さんのセルゲイのコレクション市に贈呈することに関して請願書を提出しました。市会は10月の会議にこの贈呈を正式に受けとりました。

1902年にウィ.エム.ワスネツォフ画家のプロジェクトに従って美術館の新しいファサードの建設作業は始まり、これはその後、長年にわたってトレチャコフ美術館の標章となった。

国立トレチャコフ美術館とソ連邦国立絵画美術館の統一の後、1985年にクリムスキーワルにあった建物は美術館の展示会館のうちの一つになり(今―新トレチャコフ美術館)、そこで20世紀の美術が展示されている。